【30代向け】メンズ名刺入れおすすめ日本ブランド厳選5選:仕事ができるビジネスマン

【30代向け】メンズ名刺入れおすすめ日本ブランド厳選5選:仕事ができるビジネスマン

ここでは、30代男性が持っていたら「かっこいい」「仕事ができる人」と周りから思われる、本革名刺入れの日本ブランドをご案内します。

 

レザーアイテムのブランドは国内外たくさんありますが、あえて日本の革ブランドが作る名刺入れを選ぶかっこよさがありますよね。

 

また、日本の革ブランドが作る名刺入れは、とても作りがいいので、質にこだわる男性が日本ブランドを選ぶ場合がとても多いのも特徴です。

日本ブランドの中でも、質にこだわる革ブランドを厳選しましたので、ぜひ参考にしてください。

 

【30代向け】名刺入れのおすすめ日本ブランド厳選5選

こちらが、30代男性におすすめな日本の革ブランドです。

ココマイスター

ココマイスター

ブランド設立 2009年
名刺入れの価格帯 13,000~40,000円

日本のレザーアイテム専門ブランド・ココマイスターは、【ハイブランドのような高級感のある上質なレザーアイテムを、手に取りやすい価格】で販売しているブランドです。

レザーアイテム好きなら誰もが知っている、欧州の最高級レザーを使い、熟練された日本の職人さんが手作りしています。

一流ブランドが使うようなレザーを使った名刺入れは、高級感もかっこよさもある、とても質の高いものです。

100年以上続く、欧州の老舗タンナー(革を作るメーカー)の最高級レザーを、ココマイスターでは使っていますからね。

名刺入れや財布を選ぶときに、ココマイスターかハイブランドか。そんなポジションを狙っている、日本の革製品専門ブランドです。

 

 

以下は、ココマイスター の中でも人気の名刺入れです。

ロンドンブライドル名刺入れ

かっこいい30代男性には、こちらの名刺入れがとてもおすすめです。

名刺入れ全体に本革を使った、とても高級感のあるオールレザー名刺入れです。

外側には、イギリスで100年以上続く老舗の最高級ブライドルレザーを使い、内側には、イタリア産のマットーネレザーを使っています。

とてもとても質が高くて、かっこいい名刺入れです。

 

 

クリスペルカーフ名刺入れ

クリスペルカーフ名刺入れ

仕事のできる30代男性には、こちらの高級感のある名刺入れがおすすめです。

エルメスなど高級ブランドにも使われる、ボックスカーフという本革を名刺入れ全体に使っています。

高級感があるだけでなく、作りもしっかりした本物の名刺入れです。

 

マイスターコードバン

マイスターコードバン

日本の老舗タンナーが作る、革の王様コードバンを使った名刺入れです。

紳士用品として定番のレザー素材コードバンの中でも、特に質の高いコードバンが使われています。

紳士的な30代男性のみなさま。こちらの名刺入れ詳細をご覧になってみて下さい。

 

 

キプリス

キプリス

ブランド設立 1995年
名刺入れの価格帯 8,000~110,000円

日本の革ブランド・キプリスは、【不器用な職人集団が、質の高いレザーアイテム作りにこだわり続けている】ブランドイメージがあります。

ものを沢山売るよりも、お客さんの心に響くものを作り続ける職人集団という感じで、シンプルなレザーアイテムを作り続けています。

伝統的なモノづくりを続けつつ、時代やトレンドに合わせたオリジナルの革製品も開発していて、とてもバランスの取れたブランドです。

四半世紀の経験を持つ日本の職人さんが作る本革の名刺入れは、とてもとても作りがよくて、長く使えるレザーアイテムですよ。

 

新コードバン名刺入れ

新コードバン名刺入れ

「分かる人には分かる」そんな名刺入れを探している、30代男性におすすめの名刺れがこちら。

キプリスを選ぶ時点で「見る目があります」が、こちらは革の王様コードバンを使っています。

とてもシンプルで、革と作りの良さを生かした名刺入れです。

 

ボックスカーフ名刺入れ

ボックスカーフ名刺入れ

高級感のある名刺入れを探している30代男性に、その候補としておすすめなのがこちらの逸品。

艶やかで高級感のあるボックスカーフという本革を使い、日本の職人さんが手作りしています。

 

 

ブライドルレザー&ルーガショルダー名刺入れ

ブライドルレザー&ルーガショルダー名刺入れ

名刺入れの外側には、英国産のブライドルレザーを使い、内側には国産のヌメ革を使った名刺れです。

使っている間に、ブライドルレザーが高級感のある輝きを増していきます。

 

 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ブランド設立 2001年
名刺入れの価格帯 12,000~90,000円

日本ブランドGANZO(ガンゾ)は、【頑固爺な職人が、あくなきこだわりでレザーアイテムを作り続けている】というイメージがあります。

革製品を作り続けて100年以上になる老舗の企業が、2001年にスタートした革製品専門ブランドです。

革財布と検索すれば、必ずココマイスターとガンゾがでてくるほど知名度も高いです。

革製品は、ステッチが太めでしっかりしているのが特徴で、質実剛健な匠の技によってレザーアイテムが作り続けられています。

 

 

シェルコードバン名刺入れ

シェルコードバン2名刺入れ

かっこいい紳士な30代男性におすすめの名刺入れがこちら。

アメリカで100年以上の歴史があるホーウィン社というタンナーの、最高級コードバンを名刺入れ全体に使っています。

かっこよくて、高級感があって、美しい名刺入れです。

 

 

リザード通しマチ名刺入れ

リザード5通しマチ名刺入れ

とても希少なトカゲの革を使った名刺入れです。

名刺が40枚ほど入る内側には、イタリア産のバケッタレザーが使われています。

 

 

YUHAKU(ユハク)

YUHAKU(ユハク)

ブランド設立 2006年
名刺入れの価格帯 16,000~80,000円

日本ブランドのYUHAKUは、【とてもおしゃれで、レザーアイテムの新しい文化を創ろう】としているブランドイメージがあります。

このブランドは、革を職人が手作業で染めるところにあって、その独自の色合いは、とてもおしゃれで、とてもかっこいいのが特徴です。

新しいことに挑戦して文化を作る、ベンチャー企業みたいなブランドです。

とはいえ、欧州・国内の上質な本革を使って、日本の職人が手作りしているので、クオリティーもとても高いです。

 

 

水染めコードバン名刺入れ

水染めコードバン名刺入れ

おしゃれで、センスのいい名刺入れを探している30代男性におすすめなのがこちらの逸品。

革の王様コードバンを、職人が手作業で染め上げた、このブランドだけの特別なコードバン名刺入れです。

とてもかっこよくて、とてもセンスがいい名刺入れではないでしょうか。

 

 

イタリア産ベビーカーフ名刺入れ

イタリア産ベビーカーフ名刺入れ

イタリア産のベビーカーフ(子牛の革)を、職人が手作業で色付けした、このブランドだけの特別な名刺いです。

一枚の革を立体的に成型する「肉盛り」という、特別な技が使われています。

 

 

万双

万双

ブランド設立 1995年
名刺入れの価格帯 16,000~80,000円

万双は、【気難しい質実剛健な作りにこだわる職人集団】というイメージがあります。

メディアに殆どでることはありませんが、レザーアイテムへのあくなき拘りと、作りの良さは半端ではありません。

とてもとても質の高いレザーアイテムを販売しているブランドです。

 

双鞣和地 名刺入

双鞣和地 名刺入

とても渋い名刺入れを探している30代男性は、候補にしておいてもいいかもしれません。

とにかく手間暇かかる製法で作られた牛革を、名刺入れ全体に使ったオールレザー名刺入れです。

 

 

コードバン名刺入れ

コードバン名刺入れ

革の王様コードバンを使った名刺入れです。

他のブランドと少し違うのは、ステッチがやや太めなので、武骨でがっしりしているのが特徴です。

 

まとめ

以上が、30男性におすすめな名刺入れの日本ブランドです。

 

日本ブランドのレザーアイテムは、派手さはありませんが、素材と作りの良さを活かしたシンプルなデザインなのが特徴です。

ものがとても良く、シンプルだからこそ、何年も何年も、長く使い続けることができます。

名前ではなく「質にこだわる」「作りのよさできめる」なら、日本ブランドの名刺入れは候補として外せませんからね。

 

ご自身に合うブランドの名刺入れを見つけて下さい。

そんなお手伝いができたら幸いです。

最後まで、読んでくださり、
ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA